会長挨拶

第24~26期 日本大学地理学科同窓会 会長 青木 英一(1965年度 卒)

この度、藤井会長ご退任の後を受けて、会長に就任致しました。私が地理学科に入学した当時は、地理学教室は3号館(その後7号館に名称変更)にあり、3号館は南側が増築されて新しく、4階には教室が並んでいました。暖房はスチームで、1号館の東側に大きな煙突が立っていました。大学院では、当時の学科主任籠瀬先生の計らいで3号館の3階4番研究室に机を置かせてもらい研究活動に打ち込みました。後輩の学部生達もよく訪ねてきてくれて、地理学談義に花を咲かせていました。友人や後輩とは長期休暇中に、北海道や九州、東北、四国などに旅行しました。懐かしい思い出です。
 さて、1995年に地理学科同窓会が設立され、すでに20年以上経ちました。初代会長の石井先生をはじめ、歴代の会長の方々や、長年事務局を担当してこられた地理学教室の先生方、そして幹事を務めてこられた方々の多大な努力、さらには多くの会員諸兄姉の協力があってこそ、本会は着実に発展してきたのだと思います。本会の会則に「本会は会員相互の交流や親睦をはかることを目的とする。」と記されています。本会がこの目的達成のため、地理学科卒業生の交流・親睦を一層深めるための橋渡し役を務めてきたことは間違いありません。私もこれから、交流・親睦を一層深めるためにどのような橋渡しをすれば良いのか考えながら、役目を果たしていきたいと思います。どうぞよろしくご協力のほどお願い申し上げます。

役員紹介

(第24期~26期:2017年9月~2020年9月)